男性ホルモンの重要性

テストステロンは男性が男性らしい体になるために重要なホルモンです。
それは、テストステロンが生殖システム・血液・骨・皮膚・脳に影響を及ぼすホルモンとされているからです。
女性より男性が、体力的に増している原因も筋肉量が多い原因もテストステロンが女性より多く男性の方が分泌されているからです。

そして、何故、男性が女性よりメタボが多いのか?
これもテストステロンが内臓周りに脂肪を蓄積させ、いつでも脂肪を燃焼させエネルギーを供給するすることができるためなのです。


テストステロンが減少するとどうなる?

テストステロンは、縄張り意識や競争意識を助長させるホルモンであるため テストステロンの減少は意欲や集中力を欠く結果になります。
人間関係がめんどくさくなったり、チャレンジ精神がなくなったりします。

体的な変化としては、内臓脂肪が溜まりやすくなり脂肪量の増加や筋肉量の減少に伴い太りやすい体質になります。

男性ホルモンが減る原因を作らないために

男性ホルモンは加齢とともに減りますが、それ以外にも減る理由があります。
それが、ストレスによる男性ホルモンの分泌の抑制です。

男性ホルモンの分泌はには様々な仕組みから成り立っていますが その1つが交感神経と副交感神経からだされる指令です。
よって交感神経と副交感神経のバランスが崩れると自律神経失調症や悪化すると抑うつ状態になります。
この大きな理由がストレスなのです。

ストレスがかかりすぎると交感神経が過剰に働き、不眠・血圧上昇・肥満・糖尿病へのリスクが増え、副交感神経の働きが悪くなります。
副交感神経はリラックス状態・幸福状態・快感状態をもたらす時に活発に作用する神経であり、この神経が優位に働くときに多く分泌されるのが 男性ホルモンなのです。
よって、ストレスは男性ホルモンの分泌を抑えてしまうことになります。


テストステロンの減少で起こる不具合

テストステロンの減少がもたらす不具合が大きく2つあります。

1つは肥満気味になるということです。
テストステロンが多いため女性より筋肉量が多い男性ですが、テストステロンの減少により筋肉量が鍛えないと落ちてしまうため、 特に運動しなければ、太りやすくなります。
しかも、男性は女性に比べ、内臓に脂肪がつきやすいため、メタボリックシンドロームからくる生活習慣病になりやすいのです。

もう1つは、勃起不全です。
勃起力は男の象徴でテストステロンも男の象徴であるため二つは大きくかかわっています。
テストステロンはストレスが多いと分泌が減少してしまうため、働き盛りで色々な重圧もある50代前後の男性は 勃起力を失ってしまう傾向があるのです。

このような場合、精力剤・ストレス解消・運動などでテストステロンを増量する努力を行ってもよいのですが 色々悩まず、ED治療薬レビトラを服用するのが早期解決の方法かもしれません。